永代供養のメリットと特徴

お墓というと先祖代々受け継ぐものでしたが、社会環境が変化して核家族化してお墓を受け継ぐのが難しい時代になりました。

お墓を建てるとなると、費用面でも高額になり金銭的負担が大きくなりお墓の管理などで子供や周囲の人の手間を掛けてしまいます。

livedoorニュースに関するお役立ちコンテンツ満載です。

お墓を建てた後も、遠方に住んでいた場合、お墓参りをするのも大変です。



最近では、その為に永代供養を希望する人が増えています。

永代供養にすれば、遠方に住んでいてお墓参りが出来なくても、お墓の管理や供養をお寺や管理団体が行ってくれます。

お墓を受け継ぐ人がいなくても、供養は行ってくれますから安心です。

ただし、契約期間が過ぎると合祀墓に納骨される事になります。
お墓を建てる場合には、お寺の檀家にならなければいけませんが、永代供養の場合には檀家になる必要がありませんから定期的にお布施が掛かる事もなく、宗教や宗派に関係なく供養してもらう事が出来ます。
また、永代供養を行っているのは、室内が多くなっており夏の暑さや冬の暑さや天候などに左右される事無くいつでも快適に、お参りが出来ますし、多くの場合、交通の便の良い場所に立地していますからお参りに行くのも便利です。お墓のように広い敷地にあるわけではありませんから、高齢の方でも体に負担なくお参りする事が出来ますお墓を建てるより、永代供養の方が費用面でも安く抑える事が出来ますし、残された家族に負担を掛ける事がないので、少子高齢化の現在この供養の方法が増えています。

千葉の永代供養に関する情報を公開中です。